旅するように暮らしたい

日常に忙殺されながら、旅するように暮らしたいとひたすら願う主婦のブログ

【ベビーカーの選び方・3輪vs4輪比較】私が同じベビーカーを3台買った理由

私は同じベビーカーを3台買いました。

1台目は上の子が生後1か月を過ぎた頃、新品を買いました(デパート購入)

そのベビーカーのセーフティーバーが折れて、メーカー保証がないとわかったため、セーフティーバーを手に入れるため、2台目は中古をほぼ送料のみの値段で買いました(ネットオークション購入)

3台目はかなりの安価で新品を買いました(アマゾン購入)

同じメーカーで新しい機種が出たため、在庫処分のような価格でした。

 

流行りの3輪も欲しくなり、Joie(ジョイー)のものをトラベルシステムで買いましたが、やはり4輪が使いやすいという結論に至りました。

 

 

私が3台も買い求めたベビーカーとは、イングリッシーナのアビオ。

ミキハウスとのコラボモデルが有名です。

 

 

イングリッシーナはイタリアのベビー用品メーカー。

ファストというベビーチェアではご存じの方も多いのではないでしょうか。

  

 

なぜアビオがそんなに良かったのか。

一つは車幅が改札にマッチするということがありました。

車幅が50センチ弱(正確には49.5センチ)なので、大きい改札でなくても通ることができますし、改札ガツンになりにくいです。

普段利用する道幅も狭めの歩道が多いので、なるべくコンパクトな幅のベビーカーが使いやすいのです。

 

一方、3輪ベビーカーは安定感を持たせるため幅をとります。 

そのため普通の改札では出入りがスムーズではありません。

また3輪は車輪の大きさでかなり安定感を持たせてはいますが、坂の時にぐらつきがあったり、段差に乗り上げる時は一瞬だけ前の1輪で支えることになるため、4輪に比べ安定性に欠けます

ベビーカーを選ぶ時には主な移動手段や、普段使う道がどんな所かも念頭においておいた方がいいかもしれません。

  

アビオの場合、4輪でもシングルタイヤで車輪が大きく、サスペンションがあるので、走行性がバツグン!

コンパクトでありながら、走行性がいいベビーカーってなかなかないと思います。

またバーハンドルなので非常に押しやすいです。

そしてカップホルダーも付いているのが、実は便利。

外出先で早めにミルクを作って、適温になるまで哺乳瓶をカップホルダーに入れておいたり、もちろん大人が飲み物を買ったときにも入れておけます。

子ども用のセーフティーバーがあるのも、安心感があります

 

まあ3輪のベビーカーはカッコイイですし、欲しくなるのもわかります。

私もどちらかというと3輪のベビーカーを使いたいな、と思い始めて比較的安いJoieのライトトラックスを買ったので。

トラベルシステムが必要だったこともあるのですが。

ただ改札が通りにくいのと、荷物カゴの出し入れがしづらいのは誤算でした。

折りたたみはすごくカンタンなんですけどね。

あと車幅が広すぎるために、乗っている子どもが横にズレてしまっていました。

比較的大きめの子だったし、使い始めたのも生後半年は過ぎていたのですが。

そんな時は普通に使う時もトラベルシステムのベビーシートごと乗せる、というやり方もあります。

 

ベビーカーを買うときには以下の点に注目するといいと思います。

  • 押しやすさ
  • 走行性(サスペンションの有無、車輪の大きさ)
  • 安定感
  • 車幅
  • セーフティーバーの有無
  • 荷物カゴの出し入れのしやすさ
  • 折りたたみやすさ
  • トラベルシステムに対応しているか

 

過去記事でも書きましたが、 ベビーカーはトラベルシステムでベビーシートとともに用意するといいです↓

 

www.primastella.me