旅するように暮らしたい

日常に忙殺されながら、旅するように暮らしたいとひたすら願う主婦のブログ

【抱っこひもの選び方】2つ持ちがオススメ

抱っこひもを買い換えました。

2人目の子が10か月を迎える頃、抱っこひもを使っていると最近やけに肩ベルト部分が下がってくるな、と思っていたのです。

ちょっとチェックしてみると、肩ベルトの連結部分にほつれが……

そして前からではありましたが、腰ベルトにも少しほつれがあります。

やはり2人の子の重みと、4年という歳月、洗濯には耐えきれなかったようです。

インポートのメーカーなので、代理店とコンタクトをとって修理を依頼しようとしましたが、なんと代理店がつぶれていて、電話がつながらな〜い!

こんなこともあるんですね。

正規には直してくれるところがないので、仕方なく買い換えることにしました。

 

抱っこひもを買うのはなんと4つ目です。

以下がこれまで使ってきたものです。

  1. ストッケのマイキャリア ←使いにくかったため、ネットオークションで処分
  2. エルゴベビーのトラベル用のパッキングできる軽量のもの ←ケバやヤブレはあるものの、予備として現役
  3. リルベビー ←ほつれが見つかり、代理店がつぶれたため修理不可

 

抱っこひもは2つあるといいかもしれません。

1つが使えない時の予備にもなりますし(たとえば洗濯の時とか?)

今回、ほつれが見つかったものは、メインで使っていたものですが、私はそのほかにベビーカーの時に持っていく軽くて薄いタイプも持っています。 

 

最初に買ったストッケのマイキャリアは、当時はパープルのカラーがあって、人間工学に基づいたデザインで、頑丈そうなところが気に入って、出産前に買いました。

新生児から使えて、内向き抱っこ、外向き抱っこ、おんぶに対応しています。

ただ抱っことおんぶで部品の付け替えが必要なのです。

新生児期はお出かけもしないので使わず、生後1か月で、赤ちゃんとお散歩の時に初めて使いました。

まず説明書がわかりにくい。

装着も複雑。

今は動画があるけど、当時は買ったときに説明を受けたのと、わかりにくい説明書だけが頼りで、装着まで赤ちゃんをたくさん泣かせてしまいました……

 

2つ目に買ったエルゴベビーの方が感覚的に使いやすいです。

装着は本当に簡単だと思います。

そしてこちらも人間工学に基づいています。

ちょうどストッケのマイキャリアの使いづらさを実感していた時に、在庫処分で安くなっていたものを買いました。

軽量のタイプなので、ベビーカーの荷物カゴに入れても場所を取りません。

私の使っているものはインサートを使用すれば新生児から使えて、内向き抱っこ、横抱き抱っこ、おんぶに対応しています。

インサートを持つと結局かさばってしまうんですが……

 

3つ目に買ったのは、リルベビーという、もう日本から撤退してしまったメーカーのもの。

良かったのはインサートなしで新生児から使えた点と、外向き抱っこができ、デザインも良いところでした。

こちらも人間工学に基づいたものでした。

装着の仕方はエルゴとほぼ同じで、当時はエルゴになかった機能が結構あったのです。

パープルのカラーも含めとても気に入っていたので、購入後にストッケのマイキャリアはネットオークションで処分しました。

メインで使っていましたが、このたび寿命を迎えました(涙)

 

そして4つ目。

どれを買おうかと悩み、試着し、ミアミリーのヒップシートキャリアを買いました。

エルゴもだいぶ進化して、インサートなしで新生児から使えるし、外向き抱っこができるタイプもあったのですが(OMNI 360)、イマイチ気に入ったカラーが見つからず。

 

ミアミリーは購入前の問い合わせで知ったのですが、正規代理店で1週間レンタルができるのです。

1週間で3800円。

ちょっと高いですが、その後そこから購入すればレンタル代は商品代金から差し引いてくれます。

早速レンタルしてみました。

下の子は太ももにかなりボリュームがあり、内向き抱っこでもすぐにのけぞったりするので、ヒップシートタイプの方が安定していいみたい。

もちろん人間工学に基づいています。

ということでミアミリーを購入することにしました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミアミリー(MiaMily) ヒップスタープラス(ヒップシートキャリア)
価格:28600円(税込、送料別) (2019/11/6時点)

楽天で購入

 

ヒップシートタイプはただ乗せて抱っこすれば寝かしつけにも使えます

ミアミリーはヒップシートの下に貴重品を入れるところや横にスマホを入れるところもあります。

あの出っ張っている形状がイヤでなければ、意外とオススメ。

 

これまでの経験を踏まえると、抱っこひもは

  • 装着のしやすさにこだわる
  • 人間工学に基づいたものを選ぶ
  • 余裕があれば、持ち運びしやすいタイプを予備に持つ

 

ベビービョルンも良さそうだけど、万一3人目なんてことがあったらだな〜。