旅するように暮らしたい

日常に忙殺されながら、旅するように暮らしたいとひたすら願う主婦のブログ

【番外編】一つあると便利なお鍋、見た目がステキなお鍋

我が家で活躍している主なお鍋はレミパン、ピコレミパン、小フライパン、マルチポット。

上記以外に、一つ持っておくと便利なお鍋として、圧力鍋と保温調理鍋をオススメします。

 

圧力鍋

私が使っている圧力鍋はラゴスティーナというイタリアのブランドのものです。

イタリア留学時代にステイ先の大家さんがこの圧力鍋を使って、リゾットを作っていました。

ボロネーゼとかも簡単に作れます。

それで欲しくなってしまったんですね。

ラゴスティーナの圧力鍋は落としぶた方式といって、鍋の内側にフタを落とし込んでから固定します。

圧力鍋にしてはフタがゴツくないし、軽い方です。

最初は深めのタイプを持っていましたが、今は浅いタイプを使っています。

省スペースになるし、浅い方で十分でした。

 

保温調理鍋 

保温調理鍋で有名なのは、シャトルシェフ。

シャトルシェフはほったらかしで調理ができるところがいいです。

出かける前や寝る前に食材を切って、いったん火にかけ沸騰させてから、鍋を火から下ろし、保温器に入れて放置しておけばいいので、時間のない人にはとてもいいと思います。

 

私も2人用、1.6Lのものを一つ持っています。

仕事の時には朝仕込んで出かけたり、最近はスープや下煮に時々使っています。 

子どもが大きくなったらもっと大きいのが欲しいけど……

 

圧力鍋とシャトルシェフは調理の負担を軽減して、時短だったり、ほったらかしだったりができる保険のようなお鍋です。

だから普段は使わなくても、スペースが許すなら持っておいていいかな、という感じです。 

 

見た目がステキなお鍋

見た目がステキで、どうしても欲しくなってしまうお鍋ってありませんか。

私の場合、マルチポットの記事で紹介した、ダンスクのソースパンがそうでした。

かわいい見た目ですが、ホーローならではの重みもあり、手軽なサイズで離乳食などに便利です。

 

 

それから鋳物のホーロー鍋も一つは欲しいと思って、あれでもない、これでもないと探していた時に出合ったのが、シャスールのカロンドでした。

 

ちょっと形が変わっていますが、このスクエア型であることで、同じ直径のラウンド型のものより大容量になります。

つまり容量は多くても省スペースにできるということ。

私はこの形状にもヤラれまして、20cmの方(色はトープ)を持っています。

重いので最近は出番も少ないですが、また煮込みなどで使いたいところ。

 

我が家で使っているお鍋を紹介してみました。

また出入りがあったら、使い心地など書いてみたいと思います。